凡鉄

bontetsu.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

定番ポイントで撮影

今日の午後は久しぶりにちょこっと撮影してきました。
場所は、蟇目駅手前の定番ポイント。このときと1枚目と同じところです。
d0089989_23492715.jpg

岩泉行き685Dです。
珍しくノートリミングですが…がんばってひきつけたけど、
勾配票やら電柱がモロかぶり。撮影する前に気づけばいいんでしょうけどね。
d0089989_23515958.jpg

振り返ると蟇目駅に停車しようとするキハ110。
ススキの群生が奇麗だなと感じました。
d0089989_23531779.jpg

それから30分弱待って、宮古行き快速リアス3652Dを撮影。
だいぶ陽も落ちてしまったので、ISOを800にしたために
シャドー部とかがちょっとノイジーです。
通過のちょっと前までは陽が当たっていたんですけどね。
上位機種だともっと奇麗なんだろうなぁ。
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-31 23:55 | 実車・路線

長大橋モジュール改その3〜桁の作り込み

久しぶりの更新になってしまいました〜。

最近どうも娘を寝かしつけるときに、そのまま一緒に寝てしまっていて…

しかも、工作をしたとしても、ブログ映えしない
どこが変わったんだかわからないような地味〜なプロセスの真っ最中。

劇的に変わった様子をアップできるならともかく、
更新のモチベーションも下がっちゃうんですね。

まぁ実際には桁を作り込んでいるんですが。
d0089989_23521869.jpg

補強のために両側にベニヤ板を貼付けたり、主塔ユニットが乗る部分に
2mmヒノキ角材を貼付けたり、複線高架線路が乗る1mmプラ板を貼ったりしています。
d0089989_23541366.jpg

KATOの複線高架線路は、橋脚を付けて使うことが前提のため
(あたりまえなんですけどね…)裏側に刻印などの微妙な凹凸があります。
これを避けるために、両側には何も当たらないようにしなければならず、
44m幅の1mm厚プラ板の上に乗せることにしました。

同時に桁や主塔ユニットを量産する作業にも移っていますが…
材料が尽きそうですw
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-26 23:44 | 模型(レイアウト)

長大橋モジュール改その2〜桁と主塔ユニット

長大橋モジュールに組み込む三内丸山架道橋の製作ですが…

今回はとりあえず、桁と主塔を別に作っていくことにしました。
モジュールは持ち運びが前提ですので、
ケーブルを含む主塔ユニットは取り外し式にします。

加えてこのモジュールは、KATOの複線高架線路を
後から乗せる規格になっていますので、それらも固定はしません。
d0089989_23485732.jpg

↑まずは主塔ユニットですが、8mm角のヒノキ材とプラ板を組み合わせて作ります。
主塔の形に切り抜いたプラ板にヒノキ材を貼付けて芯にし、強度を出します。

桁も同様に、切り出したプラ板にヒノキ材を貼付けました。
d0089989_23524837.jpg

↑桁と主塔ユニットを並べるとこんな感じ。
桁はまだまだ強度が不足しているので、もっと補強する予定です。

セットする複線高架線路は、両脇の壁を切り落としたものを使用します。
d0089989_2354740.jpg

↑で、それらを組み合わせたイメージがこれ。
ケーブルがないので、まだいまいちそれっぽく見えないですねw
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-21 23:45 | 模型(レイアウト)

MICROACE 200系0番台「やまびこ」開業一番列車

う〜ん…長い製品名。
d0089989_071996.jpg

購入しました!

私が小2のときに東北新幹線が開業しましたが、まさにその当時の200系を
プロトタイプにした製品です。

後に最高速度が240km/hとなり、特高圧引き通しやパンタカバーが追加されましたが、
今回の製品はそれらがない状態です。
d0089989_013899.jpg

リニューアル車の運転台形状もカッコイイですが、オリジナルもまたいいんじゃないでしょうか?
私の中で200系と言えば、開業時の12両か、H編成の16両がやはりピカイチですね。

マイクロエースは200系のかなりのバリエーションでリリースしていますが、
今回の製品もそれらに準じたもの。
出来はとても安定していると思います。
d0089989_0143629.jpg

少し気になるのはパンタグラフでしょうか。
立ち上がった状態もちょっと心もとない気がしますが、
畳んだ状態は更に微妙…。まぁ、この編成は全てのパンタを上げた状態で走ってたので
よしとしますか。

この編成のパートナーと言えば、まさに200系オンリーの時代でした。
模型でも200系同士のすれ違いをしたくなりますが、細かいことは気にせずに
いろんな車輌と走行させるのも、模型ならではの楽しみなのかもしれませんね。
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-18 23:56 | 模型(車輛)

長大橋モジュール改その1〜設計

3年前の岩手鉄道模型仲間の会(通称岩鉄)主催の“鉄道フェスタ”に出展して以来、
手つかずだった長大橋モジュールですが、
今年の鉄道フェスタに出展するために改修工事を行います。
d0089989_0185669.jpg

在りし日の姿はこちら↑
実はこの後、固定してあった吊り橋の橋脚とトラスが
ベースから外れてしまいました。

そのまま接着すれば元通りになる位の破損でしたが、
モジュール規格を変更する案が岩鉄内で持ち上がったそうで、
新しい規格に合わせるのと合わせて、リニューアルしちゃおうかと。

吊り橋の1階部分を通っていた線路の位置が変更になったようなので、
橋を2層構造にする必要はなくなりました。これで設計の自由度は増します。

で、結論から言うと、三内丸山架道橋を作ってしまおうかと。

このモジュールを初めて手がけたとき、吊り橋に憧れて製作をしましたが、
冷めてみるとw実物はこんな短い距離に採用する形式じゃ〜ごさいません。
なんか、アンバランスさに目がいくようになっちゃったんですね。

三内丸山架道橋は、スパンが75m+150m+150m+75m=450m。
1/150のNスケールにはなんて計算しやすい橋長!w
で、最初はそのままスケールダウンして製作しようと思っていました。
ただ、2400mのモジュールには入らないので1スパン抜いて設計していたんです。

でも実物を見て考えが変わりました。
やっぱりこれは4経間で作るべきだと!
d0089989_0272417.jpg

↑上が今までのプラン。下が新しいプランです。
2400mモジュールに収めるために、1/187.5で設計しました。

ただ、そのままでは収まらない箇所があります。
Nの複線間隔はそもそも実物より広くしてありますので、
部分的(特に枕木方向)にいじりました。

早速製作を進めています。
過去に斜張橋を製作しているので、
作り方はそれに準じてやっています。
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-16 00:42 | 模型(レイアウト)

10.10-11 青森旅行〜その2

奥入瀬渓流を抜けた後は国道103で青森に向かいました。

この道路は八甲田山の横を抜けるルートなんですが、
途中には蔦沼・蔦温泉や…
d0089989_2354861.jpg

↑睡蓮沼もあり、車窓がめまぐるしく変化して飽きません。
このあたり、標高は1000m超えでめっちゃ寒かったです。
気温は何度だったんだろう…。

それでも車はとても多く、地獄沼とかは
路駐する車であふれていました。
私たちも降りて見たかったんですが、断念。
酸ヶ湯にも入りたかったんですけどね〜。城ヶ倉大橋も見たかった。

午後に青森市内に入り、昼食を済ませたあと、どうしても見たかったモノを見に行きました。
d0089989_031643.jpg

どどーーん! 東北新幹線三内丸山架道橋です。
八戸〜新青森間の一番のシンボルと言ってもいいんじゃないでしょうか。
ただ、あまり車輌の撮影には向かないようですが…。
d0089989_045356.jpg

スパンは150m。左右の橋脚の形状や桁の支持の仕方が違いますね。
d0089989_061346.jpg

圧倒的な存在感の橋脚です。
目の当たりにしてかなりテンションがあがる私は、やっぱりハシスキー。

そうそう、三沢付近で見た十和田観光電鉄もとってもいい雰囲気で…。
最新の新幹線路線にもローカルな地方私鉄にも両方萌えれるぼんてつです。

この後、東北道を南下して帰ってきました。

いやー、岩手からだと隣の県なんですが、やっぱり津軽地方まではなかなか遠いです。
(沿岸に住んでるからか…)
でも、思った以上にいろんなスポットがあって、正直時間が足りませんでした。
もう既にまた行きたい衝動にかられています。

そうそう、最後に、今回の旅ではiPhoneに大活躍してもらいました。
Mapはもはや、普通にナビとして使えます。
(圏外になると全く使えませんがw)
ホテルにはAirMac Expressを持ち込んだので、部屋ではWiFiでネットを見たりして、
次の日のリサーチとかしていましたしね。

あ〜また旅に出たいです。
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-13 23:50 | その他

10.10-11 青森旅行

3連休も今日で終わりですが、おととい、昨日と
青森方面へ家族で旅行に行ってきました。

ルートは、まず宮古を出発して一旦盛岡へ。
盛岡から東北道を北上し、八戸道、第2みちのく道路で三沢へ到着。
45号を使った方が、おそらく距離は短いんでしょうが、
運転のしやすさと乗り心地を重視しました。
45号の宮古以北は、カーブとアップダウンが結構多いんです。

古牧温泉でイベントを見た後、一旦南下の途中にこんなものを発見!!
d0089989_2212449.jpg

あと1年ちょっとで開業になる、東北新幹線の八戸以北の軌道です。
特に調べていかず、偶然の遭遇だったのでうれしかった〜。
おそらく手前が六戸トンネルで、奥が柴山トンネル??
d0089989_2214121.jpg

いつ車輌が走ってきてもおかしくなさそうですね。

それから奥入瀬川橋梁なんかも見ましたが、日も暮れかけてきて
写真は撮れませんでした。イオン下田で買い物をして、三沢へ戻りました。

その日の夜は三沢シティホテルに宿泊しましたが、とても快適でしたよ。
朝食バイキングは和・洋どちらもあって、和の方は
地元産の海産物などを使った料理もありました。

11日は十和田湖と奥入瀬渓流を観光。
途中寄った道の駅おいらせはとても敷地が広く、ずっと車に閉じ込められっぱなしだった子ども達も
公園を走り回ったりしていい気分転換になったようです。
ただ、風は結構冷たく感じました。
だけどそんな中でもしっかりソフトクリームを食べる私たち。
道の駅とソフトクリームはもはやセットです。

お昼前に奥入瀬渓流に着きましたが、すごい車!
もともと道が狭いのに大型バス等も頻繁に通るし、
ちょっとの隙間に路駐の車がいて…
d0089989_22304989.jpg

いやいやでもこの景色!観光客であふれるのもわかります。
紅葉のピークはもう少し先でしたが、言葉で表せないくらい奇麗です。

この後奥入瀬渓流を抜けて十和田湖まで着きましたが、
正直奥入瀬をもっと見たくなり戻りました。
ただ、下の娘が眠ってしまったのと、雨が降ったり日が射したりの
なんとも変わりやすい天気で、結局車の中から眺めるだけで
終わってしまったのが本当に残念。

やっぱり奥入瀬渓流は歩いてナンボですよ。
渓流と、両脇の崖から落ちる何本もの滝は、ゆっくり歩いて、
マイナスイオンを体中に浴びて堪能したいです。
次に行ったら絶対に歩きます。

青森旅行は次へ続く
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-12 21:49 | その他

とうとうバスまで走る時代に…

NGIさんのところで、ホビーショーのレポートが公開されています。

ネタばれ有りMore
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-10 08:31 | その他

レイアウト製作の前に片付け…

一畑電車レイアウトに区切りがつき、次は長大橋モジュールですが、
その前に…部屋を片付けなくては。

ただでさえ狭い、4畳半の私の部屋。
しかも足の踏み場がないくらい荒れています。

一畑レイアウトは600mm×625mmでしたが、こんどのモジュールは
どどーんと600m×2400mm!!
まずそのスペースを確保するだけでも一苦労。
ちょっと根本から片付け方を考え直さなくちゃいけません。

ところで昨日、ちょこっと盛岡の模型屋さんを見たら、
今話題のTOMIX C57 135が!!
買う寸前まで気持ちは揺れましたが、
“いやいや、そもそも年代的にも地域的にも収集範囲外だし、
定価だし、買うとしたらたぶんバリエで出る180でしょう”と、
必死に自分に言い聞かせてお店を後にしてきましたw
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-05 23:13 | その他

1000番台キターーーーーーー

d0089989_23515941.jpg

あんまりいい写真じゃありませんが…

TOMIXから485系1000番台発売が発表ーーーー!!
いやー、待ってましたよ〜。

300番台が発売されたときに資金的に余裕がなくて購入を見送り、
“いつかいつか…”と思って結局買えずじまいでした。

583系や455系のおともがこれでまた充実することになります。

来年になってようやく東北スパイラルが落ち着くかな〜と思いきや…です。
うれしいやらくるしいやら…
[PR]
by bon_tetsu | 2009-10-01 23:44 | 模型(車輛)
line

鉄道趣味とか子育てとか


by bon_tetsu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite