凡鉄

bontetsu.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

fastech八戸入り

昨日、fastech360sが八戸入りしたようです。

心配していたブレーキ部品のトラブルも解決したようですね。

で、今一番悩んでいるのが、
11/5日(日)未明の試験を見に行こうかどうかということ。

写真に収めることは無理でしょうけど、
FZ50は640×480pixでの動画撮影も可能なので、
撮影してこようかと思うんですが…。

ついでにTOYOTA貨物を見てこようかとも思ったんですが、
土・日・祝は運休なんですね、トホホ。

↑運転開始は11/15でした。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-31 23:45 | 実車・路線

TOYOTA専用貨物列車

トヨタ自動車が、子会社である関東自動車工業工業岩手工場まで
自動車部品専用の貨物列車を走らせるそうです。

画像はこちら

ヲタ的視点からも、非常に興味深いwこの列車。
20両編成に新開発の31フィート専用コンテナを2個ずつ積むそうで…。

画像を見る限り台枠はコキ106のグレーのようですね。
ヘッドマークが付いてますが、本線の牽引機には付くんでしょうかねぇ?
東北本線の牽引機はEH500かED75でしょうけど。

コキ106グレーを既に発売しているTOMIXさんかMICROACEさん。
31フィートコンテナを新たに製作して、この列車のセットを出してくれませんか??w
名古屋〜岩手だと、沿線人口wも多いので、そこそこ売れると思いますよ。

さて、このお話には続きがありまして、
北上市相去町に貨物駅設置の構想もあるそうです。
そう、かつて北上操車場があったあのあたりですよ!
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-30 23:31 | 実車・路線

EH500にちょっとだけ手をかける

今日は空き時間にコンテナの積め替えなんかをしてたんですが、
ふと思い立って、放置状態だったEH500にナンバーと
付属のパーツをつけてみました。

私が持ってるEH500は、TOMIX製の2次型。
GPSが付く以前の製品です。
側面のJRFマークが大型なので、3号機になります。(確か。)

ナンバープレートの接着はゴム系接着剤の透明タイプを使用。
この方法だと、はみ出たボンドを爪楊枝できれいに除去できます。

屋根上のユーザー取り付けパーツは、
ちょっと穴がきつかったです…。

d0089989_23574375.jpg

できました。
今回、金太郎ロゴインレタは正確な位置がわからないので貼付け延期。
ほんとは屋根上の色差しや握り棒、解放テコなどのパーツもつけたいところですが、
これも次回と言うことで。

ちなみに写真奥のED75更新車は、中古品を手に入れたんですが、
前面のナンバーが1016なのに側面は1006という、orzなものでした。
側面をひっぺがして1016を貼付けておきました。

d0089989_03081.jpg

おまけ。私のEH500+コキの収納方法。
段ボールを使ってる所がちょっとチープな感じw
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-29 23:47 | 模型(車輛)

美しきかな583系

今日の写真ネタです。

d0089989_0524061.jpg

583系“ムーンライト東京”
2005.6.10/仙台


ファンには言わずと知れた583系です。
青森から転属した仙台車は徹底した更新工事が施され、
ボロボロだった車体も一新!
うれしい限りですね。

JRマークもかなり控えめな大きさになりました。
個人的にはこの方が好きです。

私の583系の思い出と言えば、
何と言っても2002年の5月に臨時はくつるで上京したことです。
盛岡から乗ったのですが、仙台を過ぎる頃まで
興奮で寝れなかったのを覚えてますw

夜が開けて車窓を見ると、数多くの撮り鉄の皆さんが。
天気にも恵まれ、すがすがしい連休を過ごせました。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-28 23:50 | 実車・路線

新幹線EXPLORER創刊号

新幹線EXPLORER創刊号を買いました。

綴じ込み付録のE2系DATA BOOKが
目当てだったと言っても、過言ではありません。
ま、それ自体はあまり目新しい情報が載っていたと言う訳でも
なかったんですが、一応E2系は東日本の主力車輛ですからねぇ。

今回の内容は概ね東海道・山陽寄りでしたが、
巻頭特集のN700系開発インタビューなんかは
興味深く読むことができましたね。

N700系は登場当初はそのマスクに???でしたが、
慣れと言うのは怖いもので、最近ではそれほど
変に見えなくなった来ました。
東京以西に行くことはほとんどないですが、
いつか乗ってみたいですね。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-27 23:55 | 鉄道雑誌・書籍

クロちゃんです☆

あー、アホっぽいタイトル…

製作ができない日々、たまには棚から車輛を出して
眺めてみたりします。
今日はTOMIX485系(クロセット)

d0089989_23591215.jpg

うおー、カッコイイ〜〜!!

クロ481は、確かあいづを485系化する際に
新製と改造をされた車輛だったと記憶してますが、
東北のボンネット特急を再現するには
欠かせない車輛です。

東北、岩手の車輛をテーマにしている私は、
ヘッドマークを“やまびこ”にしてみました。

ボンネット先にうっすら見えるパーティングラインが
ちょっと気になりますが…、しょうがないですかね。

付属のパーツを取り付けた以外は手を入れてませんが、
(インレタもまだ貼付けてません)
特急マークの下部分が製品のままですとグレーですので、
シルバーで筆塗りしてみました。
ちょっとの違いですが、結構引き締まって見えますよ。

d0089989_0468.jpg

検電アンテナがふにゃふにゃで心もとないので、
洋白線か何かで作り替えたいと思っています。

ちなみにこちらもまだフル編成にはなっていません。
モハユニットがあと3組必要です…。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-26 23:51 | 模型(車輛)

E751系

今日も模型には手を付けれず…

例によって過去写真ネタで。

d0089989_0283691.jpg

E751系“スーパーはつかり”
2001.10.21/盛岡


まだ“はつかり”という名前が残っている頃、
まだE751が盛岡に来ていた頃の写真です。

485系リニューアル3000番台が投入されて
数年で新形式が投入されたのにはちょっと驚きましたが、
あっという間に活躍の場を北に写しちゃいましたね。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-25 23:54 | 実車・路線

長大橋モジュール その4〜メインケーブル外側

トラスもできたところで、次は吊り橋をそれらしくする作業です。

実際のところ、トラスのみで強度は十分保てていますんで、
その他は全て飾りということになります。

まず主塔ですが、これは18mm角の木材をH型に組み、
プラ板を貼って作りました。

メインケーブル自体は、8mmのプラパイプ材を利用します。

d0089989_0102269.jpg

主塔の上部に穴を開け、パイプ材を通します。

d0089989_0112312.jpg

アンカー部分にも同じように穴をあけますが、
こちらは3mmほど、パイプ材を落とし込める構造になっていて、
設置するときは最初に主塔に差し込んでから
アンカーに挿入します。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-24 23:52 | 模型(レイアウト)

fastech ブレーキ部品欠落

自分にとってはちょっと衝撃的なニュースでした。

fastechのブレーキ部品が走行中に落下

10月末からは盛岡以北の試験走行も入ると言うことで、
11/5あたりに見に行こうと思っていた矢先なので。

原因究明が早く済んで、試験走行が再開されるといいですね。

d0089989_23592549.jpg

[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-23 23:50 | 実車・路線

長大橋モジュール その3〜吊り橋のトラス

今日は一時的にブログのスキンをオリジナルに変更してみましたが、
でかい画像がサムネール表示にならず、切れた状態のためやめました。
もう少しHTMLやCSSの知識を身につける必要がありそうです...。

さて、長大橋モジュールですが、一番のキーポイントである、
吊り橋の構造について書きたいと思います。

設計の段階で上下2層構造にすることにしましたので、
それを前提にトラス自体の高さを決めます。
上を走る複線高架線路は、KATOのものを使いますので、
それが乗る構造にしなくては行けません。
また、使う材料をプラ板、プラ角棒、木材の3種類に決めましたので、
市販されている材料のサイズも考慮しました。

d0089989_0171289.jpg

その結果、このようなトラス構造に決定。
ベージュ部分は木材(8mm×6mm)、グレー部分はプラ板(t0.5mm)や
プラ角棒(5mm、2mm)などです。

制作方法としては、トラス側面を0.5mmプラ板から切り出し、
それに木材やプラ板を貼付けていく、という方法になります。

d0089989_0305413.jpg

橋自体の長さは1600mm、主塔間の長さは1000mmで、
主塔間のトラスは、モジュールの持ち運びを考慮して取り外し式になっています。

さて、じゃぁこの構造でどれくらいの強度が得られるのか、
全くもってわからなかったのですが、実際作ってみて驚きました。
1000mmでは中心を押してもびくともしません。
もう少し長くしても大丈夫そうで、鉄道模型の走行には
何の支障もないようです。

d0089989_0321924.jpg

内部を覗くとこうなっています。
[PR]
by bon_tetsu | 2006-10-22 23:54 | 模型(レイアウト)
line

鉄道趣味とか子育てとか


by bon_tetsu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite